バイト代を仮想通貨に全額投入!

【2018年】おススメ取引所まとめ

【手法公開‼】初心者でもアルトコインでビットコインを増やすコツ

 
  2018/01/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ヒロノユウスイです。お金、筋トレ、お勉強がスキです。仮想通貨は2017年5月から参入。早く自由億って自由になりたい20代。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
どーもユウスイでございます。

 

今回は投資経験が一切なかった僕が、どうやってアルトコインのトレードでビットコインを増やしてきたのかを解説していきます。

(投資は自己責任です。損失がでても責任は取りませんし、利益が出ても利益を強奪しませんw)

 

アルトコイントレードの大前提

まずアルトコイントレードをするときの大前提ですが、円建ての価格は気にせず、ビットコイン建ての価格を気にします。

理由はビットコインを信頼していて、ビットコインの枚数を増やしたいからです。

加えて、ビットコインを保有し続けるだけというもっとも簡単な方法よりも儲からないとトレードする意味はないからです。

 

コインチェックなど国内の取引所をメインに使っていて、

円建てが染みついている人のためにビットコイン建てで考えた時の成功例と失敗例を示しておきます。

 

成功:ビットコイン30万円、リップル30円の時に、リップルを1万枚30万円分買った。2か月後、ビットコインは1枚60万、リップルは1枚120円になった。

ビットコインを買っていれば30万→60万ですが、リップルを買ったので30万→120万になっています。

ビットコインよりも値段の上昇率が大きい(BTC建てで見ると含み益)ので成功です。

 

失敗例:ビットコイン30万、リップル30円の時に、リップルを1万枚(30万円分)買った。2か月後、ビットコインは60万、リップルは40円になった。

ビットコインを買っていれば30万→60万ですが、リップルを買ったので30万→40万になっています。

円でみれば10万円増えているのですが、ビットコインを買っていれば30万円増えていたわけです。

ビットコインよりも値段の上昇率が小さい(BTC建てでみると含み損)ので失敗です。

違いがわかりましたでしょうか?

どちらも円建てで見れば儲かっていますが、ビットコインを買って持つだけという最も簡単な投資法よりも儲からないのであれば、たとえ円建てで儲かっていても失敗です。

 

損切・利確するラインを決定しておく

おススメは利確ラインを損切ラインの倍に設定することです。

 

例えば、+20%で利確、-10%で損切

という具合です。

 

アルトバブルの時なんかは、利確+100%、損切なしでやってましたw

損切していればもっと儲かったのですが・・・w

 

また、ガチホも悪くないと思うのですが、

どんな銘柄でもATHの時には一部売って、

調整の下落局面でナンピン的に買いなおしていく方がおススメです。

その方が枚数も増えますし、調整局面が来なければ原資を抜いたと考えればOKです。

 

確かに僕もバージ($XVG)をずっと持っておけばそれだけで億れたなと後悔もありますが、長期的には負けないことが本当に重要だと思っています。

負けなければ次のチャンスは来ますから。

 

逃した利益が大きく見えるだけで、損切したから助かったことの方が多いです。

買った時の10分の1以下になっている銘柄もたくさんあるのでww

 

情報を同時に追える銘柄数を見極める

これも重要です。

 

アルトバブルの頃って何を買っても儲かるので、ついつい沢山の銘柄に手を出してしまいがちです。

 

僕も5月のアルトバブルの頃にたくさん買いまくりましたが、今振り返ればそこまで儲かりませんでした。

この頃は煽り屋さんの言う通りに売り買いしていましたww

まさに煽り屋さんからすれば良いネギを背負ったカモでしたwww

 

2017年12月の現在は、当時から購入していた$ADKがポートフォリオの大半を占めています。

次に$BTC、その次に$VIAです。

僕にとっては3銘柄程度が情報を同時に追うことの出来る(=ガチホ出来る)限界でした。

 

情報を追っている銘柄のみでトレードを繰り返す

情報を終えている(=ガチホできる)銘柄のみを回転させて枚数を増やすのが結局おススメです。

 

そうしていればビットコインの調整局面の時にはどういう対応を取ればよいのかアルトバブル終了の合図はどのあたりかなどがつかめて来ます。

 

個人的な基準の1つはレッドコイン($RDD)がMOONしたらアルトバブルは終了と見ています。

 

他にもアルトバブル終了の合図は取引量の変化であったり色々あるのですが、書けばそれだけで長くなってしまいますので、また別の記事にてまとめたいと思います。

 

日本円を稼ぐことを怠らない

これは絶対です。

 

含み益は所詮含み益です。

含み益はなくなる可能性があるからマボロシなのです。

 

それに、ビットコインが円建てで大暴落した際に買い増しすることもできます。

 

日本円を稼いでいるからこそ、仮想通貨にも落ち着いて投資することが出来るんです。

もともと投資は専業の投資家でもない限り、余裕のある分で投資するものです。

 

仮想通貨にはまりすぎてJPYマイニングがおろそかになることが無いようにしましょう。

もちろん、ビットコインが大暴落してJPYがMOONした局面ではビットコイン買い増しでいきましょう!

 

 

今回のまとめ

1.利確・損切のルールを決めて守る。

2.負けなければチャンスは必ず来る。好機を待て。

3.煽りや雰囲気で売り買いしない。自分で情報を追う。

4.暴落時の体験は必ず次の暴落時に活かす。

5.日本円を稼ぐこと(本業)を怠らない。

 

偉そうに色々と書いてしまいましたが、これだけ守っていれば大丈夫です!

僕は投資経験の一切ない貧乏人でしたが大丈夫でした。

 

自由億どころか億り人にすらなれていませんが、チャンスはまだまだあると思っています。

含み益なのでマボロシではありますが、円建てではもちろん、ビットコイン建てでも勝てていますよ。

 

じゃあねばいばい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ヒロノユウスイです。お金、筋トレ、お勉強がスキです。仮想通貨は2017年5月から参入。早く自由億って自由になりたい20代。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 仮想通貨投資日記 , 2017 All Rights Reserved.